AIスピーカーが老人の悩みをいずれ解消してくれる

最近のテレビのリモコンは沢山のボタンがあり複雑になっている。昔はテレビを視聴するだけのものであったが、ビデオの登場で映像の入力口、音声の入力口が増え、そのビデオを視聴するためにテレビではないチャンネルを選択しなければならなくなった。そして時代は進み、DVDプレイヤーやブルーレイディスクプレイヤー、プレイステーションやswitchなどのゲームハードなどをテレビに接続し、その都度それを入力したチャンネルを選択し、視聴などを楽しむのだ。

家庭によっては5つほどの機器をテレビに接続しているのも珍しくない。さて、若年層の家庭ではそんなものは入力切替ボタンを使い、ビデオ1だHDMI2だと選択し、希望のハードを楽しむことができるのだが、老夫婦の家庭だとそうもいかない。

孫や業者がDVDレコーダーを接続し、再々する際はこの入力切り替えボタンを押して、ビデオ1にしてくださいね。なんて言ったところでいざ再生する際にはわからなくなるのである。

決まってその時の文言はこうだ。ビデオの録画はできたはずなんだが、なんにも映らない。録画したものを見ることができたのだが、今度はテレビを見ることができなくなった。

さて、これを解消してくれる機器が最近できた。スマートスピーカー、AIスピーカーである。対応のテレビや録画プレイヤーを使えば、昨日撮ったNHK大河ドラマを再生してというだけで、望みは叶うである。10年後にそれがスタンダードな時代がくる。横浜市 世田谷区 引越し